images 就職や転職の時における履歴書の書き方について

転職活動で必須なのは履歴書作成ですが、就職活動の時に記入する履歴書も、転職活動の時に書くのも、どちらもベースとなる書き方はほとんど変わりません。職歴が一個二個増すだけですので、肩ひじを張って構えること無く、内容に間違いのないように作っていきましょう。前に書いた履歴書が残っている場合は、それを基にして新しい履歴書を作っていくことができます。

履歴書の中で重要な自己アピールと志望動機の部分は、転職を希望する時にも重要です。

就職活動の際にも様々な文を熟考したでしょうが、本当に勤務した体験を有効に使用して、中身をさらにバージョンアップさせて書いてみてください。自分が最初の履歴書を作った当初と比べて、成長した部分を中心にアピールポイントとしていくと、納得しやすくまとめることが出来ます。

前職で得た知識や、培った技能があればそれを自己アピールに活用します。同系統の職種への転職を希望している場合には、実際の現場で得た経験に大きな意味があります。

営業から技術職へ、技術職からサービス業へなどと完全に別の職種へとジョブチェンジを試みるときにも、働いていたという事実そのものが意味を持っているので、できるようになったことを書いておくのは大切なことです。そうしてある土台から広げていくことが可能な自己アピールに対して、スタートラインから作り出さねばならないのが志望動機です。その仕事先を念願する原因は、希望者の考えが最も出る項目になりますので、企業の方も注目しています。そこで平凡な、会社の名前を入れ替えても通じるような動機にしてしまうと、どんなに真面目に取り組んでいてもその熱意を受け入れてもらえません。


オリジナリティーのある志望動機は、私的な逸話を盛り込んでいくと自然に書けるようになります。こころもち私語りになっても心配せず、自分と希望する企業の現実的な関係性を基礎に、なぜ働きたいのかを綴ってください。留意するべきはポジティブな文章になること、以前の職場への不平を絡めることなく、純粋に働きたいという意欲をぶつけることです。